宮古島No.1の地域ブログを作る、と決意して早9ヶ月が経ち・・・

ブログ

宮古島の地域・観光ブログでNo.1になる、そう決めて9ヶ月が経ちました。

地域ブログをやろうと思ったきっかけ

ぼくが地域ブログを、それも宮古島でやろう!と思ったのはシンプルに「稼げそう」と感じたからでした。

もともと宮古島が好きで何度か行っていたのですが、ネットの情報はどれも全国区のまとめサイト(リトリップみたいなの)ばかりで欲しい情報がなかったわけです。

「こんなサイトならコンテンツで余裕で上回れる→宮古島のKWで上位表示しまくる→アドセンスで稼げる!純広告取れる!」

そんな思いから、宮古島で地域ブログをやることを決めたわけです。

9ヶ月間宮古島ブログを運営してどうだったのか?

結論から言うと、KWによっては食べログを上回ったり全国区のまとめサイトを抜くことに成功しました(ちなみに収益化はまだそれほどできておらず、アドセンスで月に2,3万円ほどです)

ぼくは宮古島の中でもまずは「カフェ・ビーチ・観光スポット」に注力しました。

▼宮古島 カフェのKWで3位

▼宮古島 ビーチのKWで4位

そのほか、さまざまなワードで上位表示することができました。1位を獲得していないKWがまだまだあるので、少しずつ抜かして行こうと思っている段階です。

ジャンルを絞った理由ですが、カフェを10記事取材して書く→まとめ記事を作る、という戦略を取ったからでした。この戦略がドンピシャであたり、さまざまな複合KWで上位表示できたと考えています。

地域ブログには可能性は無限大だと思った!

地域ブログが一見むずかしそうに思えてしまうのは、全国区のまとめサイトや食べログのようなサイトがあるからです。
宮古島もHIS・JAL・JTBなどなど、旅行代理店のメディアがひしめき合っていたため、自信はあったものの最初は少し不安でした。

しかし実は穴だらけ。ぼくが取り組んだ宮古島に限らず、浜松地域ブログのむらきちさん鳥取地域ブログのさっけーさん吉祥寺地域ブログのまなぶんさんなど地域ブログの先輩の方々は大手メディアを駆逐してます(笑)

大手メディアは細かいケアできてない

大手のサイトに勝てる、と思ったのは記事を入れてから更新を全然していなかったり、記事(サイト)設計まで考えていなかったからです。
旅行において最新情報は大事なので、まったくケアされていないサイトは避けるだろうと思ったし、自分が旅行者のときには避けたいと思っていました。

その穴をつくことで、宮古島のさまざまなKWで大手メディアを出し抜けたと思っています。

最新情報を発信するのはそのままの意味です。

記事(サイト)設計についてはサラッと触れておきます。たとえば「宮古島 カフェ」で上位表示しているカフェまとめ記事は、内部リンクとして詳細記事にリンクを当て、さらに詳細記事からもまとめ記事にリンクを当てています。

そういうちょっとしたSEO対策でも大手メディアを抜くことに成功しています(大手メディアはドメインパワーだけで攻めてる印象)

とはいえ、Googleのアルゴリズムは200以上あるため、さまざまな要素により上位表示するに至っているのですが…。ここについては、また気が向いたら書きます(ぼくの専門分野ではないので、書かないかも…)

もしもキチンと地域ブログの戦い方を勉強するなら「ミニサイトを作って儲ける方法」や「Google AdSense マネタイズの教科書」がオススメです。また、むらきちさんの「ブログ運営におすすめの本10選!月間30万PV超えの地域ブロガーが厳選して紹介」も参考になります!

ここからの地域ブログでの戦い方

さて、宮古島ブログはここから観光面での網羅性を上げ、宮古島のメディアといえば宮古島ラボ!と言ってもらえるようにしていきます。

さらにホテルやツアー業者などと組んで、宮古島ラボだからこそというコンテンツを作り、ゆくゆくは純広告を獲得してマネタイズしたいです。ちなみにその辺は富山の遊び場!のさくらさんが上手そうなので参考にさせてもらいます。

地域ブログは地域がかぶっていないと敵にならないので平和でいいな〜とこの記事書いてて、ふと思いましたw

まとまりないけど、おわり!
(これが月間10万PV・15万円を達成した者のレベルですw)